スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月食と台風

P1010260.jpg
©Eiko Shimozono

手元が狂った結果、月食の月が、飛んできた感じになりました。

月の静かなイメージが壊れて、異次元の出来事のような。

2つの勾玉、静と動がひっくりかえったみたいな。

あと、台風19号の写真と映像を合わせて作品もつくってみました。

こちらは、台風の日の太陽を撮影したものになります。

             ↓

【Youtube】 「typhoon No.19」

この太陽は、まるで月みたいだなぁと思いながら撮影しました。

今回の月食も台風19号も、太陽、月の表情の変化が、

百面相なくらい表情豊かですごくって。

太陽撮ってるだけなのに、一瞬、ここどこ?って

地球にいることを忘れてしまいそうになっているのですが

ここしばらく自宅からほとんど外に出ていません。

撮影したのも、自宅でベランダでねっころがって撮ってたし、

もうすぐ発売される雑誌の撮影も自宅だったし、

これはひきこもりというのだろうか?と思ったり思わなかったり。

しばらくアウトプットする時期を過ごしていたから、

新たに意識をアップデートするために

最近、すんごい何にもしなくって、たまにオッ!っと思う時に、

カメラを持ってちょっと撮るくらい。

あとは、インスピレーションの種になりそうな音楽に出会いに、

iTunes store に入り浸る日々。

好きだなって思う音楽の探求の仕方が、

意識の開拓そのものの作業だなぁ~とか想いながら

意識の高さと広げ方のバランスを考えたりもして、

波に乗れる時と乗れるまでの意識をみて

何をどう変えたら波に乗れる流れに持っていく確率を

高めることができるかを鍛える良いトレーニングになってますが、

やっぱり表面上では、iTunes store に入り浸っている人なわけで。

表の面と裏の面。

太陽と月。

静の動と動の静。

さまざまな極を立体的にみて、今自分がここにいるんだと確認すると、

何にもしないで過ごすことに対するふと湧いてくる

小さな焦燥感も手放せる。

立ち止まらないとみえないものがあることを、

写真や映像にしたりできている。

今がしあわせだなって思ったのは、

〆切りや焦燥感に追われてつくったものでなく

湧きあがる想いを自分のペースで表現できる時間があること。

それはそうそうあることではないので、とてもぜいたくなことだと思う。

仕事をがんばった分、作品に没頭したり、休憩したりする時間を持てるし、

その作品が仕事になることのありがたさ。感謝感謝です。

どの角度からみるかで、同じ出来事でも違ってみえますね。



スポンサーサイト

下薗詠子ホームページ

ホームページを最近のイメージにリニューアルしてみました◎

下薗詠子 H.Pは、こちらから ↓

http://shimozono115.wix.com/homepage#

写真展情報

ブログを離れて Facebook とツイッターの言葉の短い世界にいました。
ようやくのんびりモードに入ったので、このタイミングに、手つかずになっていたホームーページを
更新したり、ブログもしばらくすぎてパスワードなんだったっけ?と戸惑いながらの更新ですw

ただいま、福岡市美術館にて、新作「あふるる」を展示しております。
トークショーは終わっちゃったんですけど、9/28までなので、ぜひぜひ。


img186.jpg

img187.jpg

変化

2ヵ月にかけて苦手克服実践キャンペーンが無事に終わり、
おかげさまで苦手だったことを楽しんでワクワクできるところまで辿りつきました◎

他にも最近、とても変化が多かったので
今まで1ヵ月という単位で書いていたブログの、その1ヵ月というスパンで
言葉を紡ぐことがなんだか今はむずかしくて。

その時々で、今の自分に合うように臨機応変に変化できることって
大切なことだなって思います。

ということで、Facebook、Twitterを通して、
その時感じたことや伝えたいことを発信していこうと思います。


Twitterアカウント名 : 下薗 詠子 (@ecotan227)
Facebook アカウント名 : 下薗 詠子

飴と鞭

仕事も落ち着いて、しばらく心にも時間にもゆとりが出来たので、
のんびりと作品に集中しようと思っていたのですが、ここ2~3週間ほど前から
苦手克服実践キャンペーン(タイトル長っ)を行っています。

作品作りと同時進行しようと思っていたのですが、
右脳事と左脳事を同時進行するのがいよいよ難しく、
まずは苦手な方から片づけたい!と改め・・

今まで目を背けていた分野の自分の中に潜んでいた苦手意識を
ニョキニョキっと表舞台へ引き上げて、弱い自分にスポットライトを照らしています。

● 弱い自分と戦う
1 苦手に対して心が収縮してしまっている 
  ⇒(苦手なことを受け入れた上で平常心を保てるようになる)
2 自信がない
  ⇒(自信を身につけるために経験を積む)
3 ひとつのことに没頭する
  ⇒(バランスよく適材適所に集中を分散できるようになる)
4 「苦手」の一言で済ませていた
  ⇒(苦手の先にある光をみる)
5 放棄したい衝動に駆られる
  ⇒(疲れたら休みをはさんで再び取り組む)

今こそ苦手を克服できるチャンスだと思って行動に移したことだし、
その生き方を選んだのは自分なわけだから
チャンスを生かして苦手意識を受け入れた上で、
苦手という意識を手放していこうと行動に移しています。

得意分野では武器になってたものが苦手分野だと、ただの重石となることもあり、
さすがに意識改革をしなければ乗り越えられないので、
そのためにはどうしようか?脳ミソがフル回転で起動するとうっかりオーバーヒート起こしたり。
まだ頑張り方の加減がわからず、一点集中型で向かってしまうと
新しい意識を上手に操れないのでもどかしてくやしくなったり。
でもこのくやしさ、しばらく味わっていなかったので、新鮮です♪

経験不足と知識不足によって矢印が苦手意識に寄っちゃう日もあったり、
克服する喜びを楽しめる日もあったり、寄せては返す波のように学びがやってきます。
上手に意識の波に乗れるようになりたいな◎

きっとこれを乗り越えたら、一皮剥けると思います。
そしたら、この経験もまた芸術の肥やしになるので、秋か雪の降る季節までには
新しい視点で世の中を眺めれることを気長な視点で目指しています。

今まで持ち合わせていなかった色彩の、自信の種を植えたばかりなので、
その自信を育んで、その自信の実(身)になるプロセスも楽しみたいです。

なんだかんだで、得意分野では、苦手分野と同じくらいのベクトルの喜び事が
いつくか舞い込んできて、なんだか飴と鞭のバランスが絶妙です。

ついつい苦手となると深刻になりやすい傾向があるので、ここはひとつ楽観的にいきたいものです。


苦手克服を実践する前に、大好きな場所で呼吸した時の記録を映像にしました。
「Breathing of the Earth」
sidetitleプロフィールsidetitle

下薗詠子

Author:下薗詠子
■下薗詠子オフィシャルサイト
shimozono115.wix.com/homepage#

■2010年初の写真集「きずな」
第36回木村伊兵衛写真賞
2010 Visual Arts Photo Award大賞を受賞


■鹿児島県いちき串木野市出身。
1979年2月27日生まれ。


■19才より、雑誌を中心にCDジャケット等で著名なミュージシャン・俳優・アーティスト・オリンピック選手など、国内外で数多く撮影。


■コンタクト
撮影や取材等のご依頼、お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

shimozono115@gmail.com

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。