スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時を生きるセンス

eikoshimozono01.jpg

この2ヶ月は、ほとんど旅していました。
どうやら、海を求めていたみたいです。
島にしばらく滞在しました。嵐がきました。
車で鹿児島から東京に行く時も雨でした。
ふらりと思いついてお伊勢さんにも行きました。
やっぱり雨でした。

なので、晴れた時、洗濯物を干せるのがたまらなくうれしくなりました。
うれしかったというと、おうちに青い鳥が入ってきたことです。
2日後にも、またおうちに入ってきて、重ねて幸せなきもちになりました。

少しずつ都会生活のリズムから、しばらく住むであろう土地のリズムに
旅をはさみながらシフトチェンジして、いい感じで落ち着いてきました。
すると、些細な風景の変化とか、友達との何気ない会話とか、
最近出会ったサボテンとか、窓を開けたらみえる川とか海とか
幸せって感じる破片が至る所に散りばめられていて、乱反射して光って
あ、ここにも幸せがあった、あそこにも幸せがあったんだって
心静かに振り返ったとき、みえてくる小さな幸せもあって。

時として、立ち止まること、振り返ること、休むことも必要って思いました。
より時を生きるセンスを身につけていきたいです。









コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

下薗詠子

Author:下薗詠子
■下薗詠子オフィシャルサイト
shimozono115.wix.com/homepage#

■2010年初の写真集「きずな」
第36回木村伊兵衛写真賞
2010 Visual Arts Photo Award大賞を受賞


■鹿児島県いちき串木野市出身。
1979年2月27日生まれ。


■19才より、雑誌を中心にCDジャケット等で著名なミュージシャン・俳優・アーティスト・オリンピック選手など、国内外で数多く撮影。


■コンタクト
撮影や取材等のご依頼、お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

shimozono115@gmail.com

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。