スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けること

PA241431.jpg

10月は、神秘について、起きてる間のおおよその時間を使いました。

神秘を色んな視点から考えていたら、行き詰って、考えることを手放して、感じて感じて感じてたら、

或る日、閃めいて、数年間書いてた内観ノートの中に答えがある氣がするっておもいついたままダンボールの中を探しました。

すると、一冊のノートに、最近名づけた新作のタイトルと鍵が、記されていました。

全然書いたこと、覚えてなかったんだけど細胞の中にその意識残ってたんだ。これは、、、これは神様からこのタイトルでOK!のサインだと

直観しました。過去から引き継いで、未来につながる扉の鍵を今捉えたこの感覚、しっかり覚えとこ♡

過去・現在・未来の私が発信したかったことが、時がつながったことで、時空を超えて、水面の無意識と表面の意識界の狭間が貫通して、

ようやく表面の意識界と現実界も開通しはじめてきたんだぁって腑におちて、大きな感動を覚えました。

無意識に感じてた未来の言葉が、その言葉を発したあの日から息づいていたことをようやく知った時。

やっとその言葉が身についてきたから氣づくチャンスを与えていただいたんだなって、神様の粋なお導きを強く感じます。

ありがとうございます。すんごいじーんってきてます。

そういえば、毎朝祝詞唱える時、インコの雫が私の中指に乗ることを欠かさない習慣ができました。

ついつい私がさぼりそうになる時も、雫の朝イチの楽しみになっていると想うと、そうだよね~って思いながら、はじめたりする日もあります(笑)

最初は氣分が乗らなくても、やればスッキリしてきて、氣持ちのいい朝を迎えられます。

昨日を生かしてくれたことの感謝と、今日も素晴らしい一日をありがとうございますのよろしくお願いしますを伝えます。

たとえ、どんなに氣分がすぐれない日も続けることが大切だなぁと改めて感じはじめています。

“今日だけはやろう!”って思ってやってたら自分的に続けられるなぁと感じています。

今まで「続ける」ということをたまに怠っていた自分の心の弱さも認めた上で、ちょっとずつ重ねていける人間になります。

弱さと向き合うのは容易ではないけれど、雫のおかげで楽しくお祈りを続けることができます。

続けていると言えば、週5くらい夜、数時間、弟と一緒に写真のセレクトをして、その写真に合わせて音楽をDJしてもらいながら

即興スライドショーをして、楽しんで作業を続けています。調子がいい時もそうでない時も、地道に少しずつ作業を重ねてきたので

自信もついてきました。出したい作品がいっぱいあって、どう収めていいか、膨大な量をみて、焦る氣持ちも時に芽生えるけど、

焦って解決できる訳でもないので、瞑想でカバーして地道に育てるプロセスを楽しむゆとりを持つことが、今の私に一番ぴったりくるリズムです。

魂の声にチューニングを合わせることで、魂の汚れてる部分がみえてきたり、未開拓な部分を意識できるようになって、

少しずつ神様のお役に立てる人間になろうとかそういう過ごし方をしていたら、久々に彩雲!しかも連日◎

夏の彩雲もエネルギッュでかっこいいけど、秋の彩雲もやさしい風を感じて天空の音楽みたいで神秘的です。

私は、感動で、心の園が満開になる時期を待っています。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

下薗詠子

Author:下薗詠子
■下薗詠子オフィシャルサイト
shimozono115.wix.com/homepage#

■2010年初の写真集「きずな」
第36回木村伊兵衛写真賞
2010 Visual Arts Photo Award大賞を受賞


■鹿児島県いちき串木野市出身。
1979年2月27日生まれ。


■19才より、雑誌を中心にCDジャケット等で著名なミュージシャン・俳優・アーティスト・オリンピック選手など、国内外で数多く撮影。


■コンタクト
撮影や取材等のご依頼、お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

shimozono115@gmail.com

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。